富岡町関連 (オフィシャルのものは富岡町のページにあります)
私たちは、富岡町で生まれ育った子どもたちの未来を守るために立ち上がりました。
本会の設立によってその「輪」を広げていきたいと考えております。
富岡町出身者及び縁故者の有志で、21世紀に向けて富岡町の発展に協力し、会員相互の親睦を図ろうという趣旨で結成された会
富岡町生活支援ボランティアセンター
わたしのまち富岡は、富岡町の情報ページです。富岡町ニュースやイベント情報、商店街のチラシ、掲示板などを配信する便利なページです。
富岡町少年剣道団の現況
避難生活を送っている富岡町民を対象に、草木染めから製品を製作し作業をする中から、生きがいや希望を創りだしていくことを目的に、おだがいさま工房を2012年7月7日に設置開所しました
旧警戒区域へ行ってみっぺツアー 案内HP 浜通り交通HP
近隣自治体サイトなど
大熊町 双葉町 浪江町 楢葉町 広野町
川内村 葛尾村 南相馬市 いわき市
郡山市 三春町 大玉村
双葉警察署
双葉地方広域市町村圏組合消防本部
相双/いわき市など
【福島県立ふたば未来学園高等学校】
公式ウェブサイトはこちら!
福興浜団FBページ/東日本大震災による津波で壊滅的な被害を被った南相馬市の沿岸部にある萱浜・雫地区。その直後より、行方不明者の捜索に当った地元消防団を中心に結成。南相馬市、福島県、東北、日本の復興へと情熱と力を注ぐ所存です。
相双地域の総合的な地域情報ウェブサイト
双葉農業普及所
ふたばの農業通信
福島県 相双農林事務所 双葉農業普及所より 双葉地方の農業情報を発信します。
双葉地方町村会では、ホームページの運営に際し、お客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し、適正な管理を行うことに努めております。
相双エリアネットワーク|相馬・双葉の絆をつなぐ地域ブログ情報サイト
福島県浪江町、南相馬市で生まれ育った同級生7人が、ふるさとの心の復興を目指して活動しています
相馬で生活するひとのための情報サイト
法テラスふたばは被災地出張所として2013年3月17日にオープン。ご利用いただける相談内容は他の法テラスの窓口とは違う点があるので、ご不明な点があればいつでもお問い合わせください。
弁護士による無料法律相談(月・水・金)
※水・金曜日はテレビ電話システムを利用した相談を行います。
司法書士による無料法律相談(火・木)
3.11震災語り部募集
福島県いわき市地域活性プロジェクト【MUSUBU】
人、地域、芸術、デザイン、情報などあらゆる分野を結びクリエイティブな産業を生み出す地域活性プロジェクト。MUSUBUを通して個々が主体となる地域活性を促進し持続可能な街づくりを福島から全国、そして世界へ発信する。
「うまいべ!いわき」では、風評被害払拭のため、いわきの農林水産業に関する
様々な情報をお届けしてまいります。農産物のモニタリング情報あり
いわき市によるイベント情報等
いわきの土壌、野菜、水、空間線量など放射線測定結果が見れます
いわきの子供を守るネットワーク
福島県関連
福島県内で活動するNPO活動団体(ボランティア団体、市民活動団体、NPO法人など)の活動を促進する支援活動などを行い、市民自らが考え行動してゆく活力ある社会づくりを行うことが目的である。
がんばっぺ!福島/福島の変わらない美しさと、震災復興へ向けての取組みなど、ありのままの福島を、福島から世界に届けるサイトです
げんき福島/公益社団法人 日本青年会議所関東地区協議会
福島県内で企画されているチャリティー商品情報をひとつにまとめ、大きな力として継続的な支援活動を行うためにスタートしました。賛同企業様はチャリティー商品の販売を続けることで、何か支援しようとサイトを訪れた方は商品を買い、宣伝することで、継続的な支援をお願いします。
福島県浪江町、南相馬市で生まれ育った同級生7人が、ふるさとの心の復興を目指して活動しています
残し伝える 『ふくしまの声』 プロジェクト
ボランティアのニーズとシーズのマッチングを行う「ふくサポネット」の開設、さらにはNPO・市民活動団体が連携して復興に取り組む「ふくしまNPO・市民活動団体連携復興プロジェクト会議」の運営を担ってります
福島県避難者支援課からの避難されている方向けの情報です。
大震災を機に、新しいメディアとも言えるソーシャルメディアが多くの人に支持され、「絆」というエンゲージメントで確実に広がりました。こうした潮流を見極め、あくまでも『ふるさと福島』に軸足を置きながら、社会貢献活動を主眼にしたネットワーク、双方向(インタラクティブ)性の地域情報網の構築、さらに新しいビジネス展開に関してもご提案させていただきます。
『ふくしま結ネット』は福島県から福島県内外に避難されている方と福島県を「情報」で「結ぶ」Webサイトです。
福島復興支援応援集結サイト
ふくしま原発損害賠償弁護団は、2011年(平成23年)11月30日に、福島県弁護士会各支部所属の弁護士が集まって、事業者、非事業者を問わず、被害にあった方々の完全賠償を実現するために設立された弁護団(現在の弁護士数は55名です)。
安心できる居場所・学びの場を ビーンズふくしまは、不登校の子どもや、ひきこもりの青年たち、そしてその家族をさまざまな視点から支援しています。
福島県弁護士会は,引き続き,県民のみなさまの被害救済へ向け,尽力していく所存です。
除染情報プラザは専門家の派遣、除染情報の発信や除染の助言を行う拠点です。
除染やその進捗状況について最新情報を広くお伝えし、みなさまのお役に立てるようサポートいたします。
将来の復興を見通しながら、当面するこの困難な課題に対して、幅広い観点から自由な意見を交換しあい…wordダウンロードで過去のニュースが見れます
福島にまつわる映像記録をアーカイブ
世界のジャーナリストを『ふくしま国際メディア村』に招聘し取材活動の支援を行います。
東京電力福島第一原発の事故によって、被害を受けている子どもや住民に対する「避難の権利」を認め、健康面や生活面を支えることを目的に作られた画期的な法律です。
東日本大震災に伴う被災した地域および被災者自身の自立的な復興を目指し、様々な支援のコーディネートやネットワークづくり、情報提供・情報発信、事業連携・協働推進を支えるべく活動
政府指示による避難区域の外側からの避難者(区域外避難・自主避難)を支援することを目的とした法律家のネットワークです。
“福島の子どもたちを放射能から守りたい”、この想いを絆に私たちはつながり合います。私たちは、子どもを守るための様々な活動を、父母として、家族として、そして一人の市民として、行なっていきます。
社会福祉法人福島いのちの電話
いのちを繋ぐホットライン電話相談024-536-4343
自殺予防いのちの電話0120-738-556
避難者支援関連団体 
都道府県別(自治体のものは除く。支援サイト・支援団体・イベントなど情報求む。)
北海道 東日本大震災による被災者の方々を支援するために設立された「北海道NPO被災者支援ネット」のホームページです。このホームページでは、さまざまな分野で被災者支援を実施している団体や各種機関の活動についての情報提供を行っています。また、札幌市へ避難して来られた被災者のみなさまに対しては、登録された方に対し生活支援情報を提供する「震災避難者への生活支援ネットワーク」へのご案内を行っています。
北海道に避難してきた方の総数は4000名を超え,被災者同士のコミュニティ、地元の方とのコミニティの発生と家財道具の提供等、被災者・原発自主避難者の支援を目的とする。
コンソーシアム「北海道アシスト協議会」
(代表団体 ようこそあったかい道)
東日本大震災で被災された方々の北海道への避難・移住を支援するNPO、民間、個人の非営利ネットワークです。北海道に何ができるか、北海道の地方に何ができるかを皆さんと一緒に考えます。
東北地方にもっとも近い地域に住む者として、被災された方々への支援を、市民として行うことを考えました。さいわい、私たちのよびかけに応じて3月16日には80名を超える市民の方々が集まり、被災者の支援に向けた市民レベルの組織をつくることになりました。
北海道札幌市近郊に避難している原発避難者の組織です。活動の中心は、幼い子どもを持つ母親たち。夫を被災地に残す母子避難者が多いのが特徴です。
みちのく会は東日本大震災、福島第一原発事故により北海道へ避難している被災避難者たちの会です。
秋田県
秋田県/秋田県公式サイト/支援、役立ち情報など
秋田県へ避難されている方々が気軽に集まることができる場所として「秋田災害支援センター」を設置し、地域住民と避難者の交流を目的とした『避難者支援交流サロン「すまいる」』を開設することになりました。
秋田県/福島から秋田に避難されてる方へ/「秋田・避難者福島県人会(仮称)」設立準備会改め)
東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズを把握し、それらのニーズに対応できる団体と連携した体制のもとサポートを行うことを目的とする。
岩手 いわての中間支援組織が集まり、沿岸部の復興に向け、全国からの様々な支援と、自立・復興のためにその支援を必要とする人を結ぶとともに、必要な情報・技術を提供し、被災された方が前向きに地域復興に向け、進まれることを目的として活動
山形
本サイトは「つながろう!ささえあおう!復興支援プロジェクトやまがた」が運営しています
山形県内では多くの個人・団体・企業等が、被災地での支援活動や県内避難者にむけた支援活動を展開しています。長期化が見込まれる支援活動において、相互の持つ情報を共有し、繋がりの中で活動を進めることは、多岐にわたる支援が必要とされる中、大変有効なものと確信しています。
米沢市/避難者のみなさんのくつろぎの場として、置賜総合文化センター(2階展示室内)の中に『避難者支援センター おいで』があります!
東日本大震災を受け、山形県内へ避難してきた母子の会です。お母さんたちが孤立しないよう、うつくしま避難母子連絡協議会設立に向けて活動中。活動趣旨は、お母さんたちの声を行政の方々にきちんとお届するために発足した会です。
山形地区(村山地方,最上地方)
外塚功法律事務所 023-634-1515
弁護士法人あかつき佐藤欣哉法律事務所 023-632-2070
むかいだ法律事務所 023-666-6840

米沢地区(置賜地方)
長岡克典法律事務所 0238-40-0456

庄内地区(庄内地方)
わきやま法律事務所 0235-24-2543

福島県から山形県に避難してきた人同士が一緒に助け合いながら前に進んでいくためのメーリングリスト「りとる福島」をベースにして誕生した自主避難者による団体「NPOりとる福島 避難者支援ネットワーク」
宮城 仙台市内で子育て支援活動をしていたNPO関係者、小児科医、助産師等により発足しました。
新潟 各市郡町村ごとにまとめられています。
新潟県阿賀野市と五泉市へ自主避難している福島県民の有志により結成された自主避難者連絡会です。単独で避難され孤立している自主避難者への公平な情報伝達を確保する目的で会を立ち上げました。
福島原発被害救済新潟県弁護団のブログです。 福島第一原子力発電所事故のため新潟県内に避難してきた方々に法的サービスを提供します。
「にいがた第2のふるさとプロジェクト」は、東日本大震災で被災された方々に向けて、新潟県内で中長期的(概ね1か月〜数年間)に滞在できる住居のご案内をしています。
東日本大震災により長岡市に避難されてる方々のお手伝いをしています
〜支える・育てる・つなぐ〜 柏崎の街と地域の人びとをサポートしていきます
東日本大震災の影響で新潟市に避難されている方々のための交流施設ふりっぷはうす公式ブログです。
富山 東日本大震災により富山県内に避難されて来た方への生活支援を行う団体です
茨城 震災と原発事故により福島県から茨城県に避難されている方々をサポートするためのネットワーク組織です
当弁護団では,自治体,社会福祉協議会,原発被害者の会,農業者や漁業者等の各団体からのご依頼により,各団体が主催する会合へ弁護士を派遣しての相談を承っています。
弁護士会では,今回の東京電力福島第1原発事故にて被害にあわれた方が,適正な賠償を受けられるように,『原子力発電所事故被害者救済支援センター』を立ち上げました。
栃木
栃木県内避難者支援団体ネットワーク
とちぎ地域・協働・創造Webサイト
群馬 群馬弁護士会所属弁護士有志(10月1日現在52名)は,約2000名の県内避難者の皆さんや,風評被害等に苦しむ県内事業者等の皆さんが,東京電力から適切な損害賠償を受けられることを目的として,弁護団を結成しました。
長野 東日本大震災のため長野県内に避難されている方の生活をサポートする『信州絆』プロジェクトがスタートしました。長野県内に避難している被災者の皆様が一日も早く長野県での新しい生活をスタートさせることができるよう、行政と民間が一体となって生活支援を行うことを目指すものです。
上田明照会では、東北地方から被災して上田市周辺へ避難してきた皆様へ、必要な日用品の提供や生活相談、就労相談等の各種相談やお手伝いなどの活動をしています。
この会は福島県に縁がある方を中心に、長野県民も一緒になって交流会などを開いて親睦を深めて行こうと言う会です。春は花見、夏はBBQやキャンプ、秋は芋煮会などを行っていきます。一緒に楽しみながら、福島と信州の交流を創っていきませんか?
長野県へ避難した方、これから避難・保養を考えている方の当事者ネットワークです
原発被害救済弁護団(埼玉) 埼玉の弁護士による原発被害救済弁護団のホームページ
埼玉 しんさい-つなぐ:埼玉で避難生活を送っている方、支援者をつなぐ団体です。
埼玉県加須市騎西/埼玉県には双葉町以外の広域避難者も多くいらっしゃいます。そこで、より多くの方へ情報と支援を届けるために騎西高校を出て、近くに新たにコミュニティーサロンを開設するに至りました。
地域の活性化・新たな産業振興につながるニュービジネスをSOHO事業者の立場から提案し、SOHO事業者・起業者等と共に活動しています。
身体の障害等により、通勤を伴う就職や終日の勤務が困難な人たちに対して主として ICTを活用して、社会参加と経済的自立・就業の機会創出の支援に関する
事業を行い、身体に障害等のある人たちが互いの個性と人格を尊重しあい自己実現の可能性の拡大を図るためのお手伝いと、共生社会の実現に寄与することを目指して取り組んで 障害者達で、自らの障害者としての、経験を生かしてのNPO法人設立致しました。
埼玉県内に暮らす被災地からいらした女性たちが安心して交流し情報交換をするための場「さいがい・つながりカフェ」を開催しています。埼玉県の暮らしの情報収集や
地域でのつながりづくりにこのカフェをご利用ください。
山梨 山梨県に避難をしてきた避難者の皆様への支援活動を目的として行政と協力し作られました。避難者の皆様が山梨県内で”より良い生活”が送れるよう、パーソナル・サポーターが避難者の相談を受けたり、行政サービスへのつなぎなどのサポートを致します!
東京
被災3県から東京へ避難してきている乳幼児家庭の皆様!フローレンスでは都内各地で一時保育を無償で行っております!
〜おもに東京都内で東日本太平洋沖地震の被災者・東京電力福島第一原発事故による避難者支援をおこなっています〜
子どもの健康だけでなく、生活の不安や、地域のこと、学校や幼稚園のことなどの心配なども相談できるよう 弁護士や生活および精神相談員などのご協力を得て、個別相談にも対応しています。また、避難ママの情報交換や交流の場となるよう、あたたかい雰囲気づくりを目指しています。
調布市社会福祉協議会は、調布市にお住いの被災者の皆さまの生活を継続的にサポートしていきます。
神奈川
神奈川災害ボランティアネットワークでは、県内一時避難所の運営ボランティアの派遣(3月末終了)、ならびに、神奈川県が6月1日に発足した「かながわ避難者見守り隊」へのボランティア派遣を行い、現在30名程のボランティアが非常勤スタッフと県内の避難者のお宅を訪問し、ニーズの把握や支援のため活動しています。
かながわ「福島応援」プロジェクトかながわから福島を応援します。略称名:kfop(ケフォップ)
私たち弁護団は、被害を受けた皆さんにできる限り寄り添いながら、皆さんの被害の実情に見合った正当な賠償を実現するため、東京電力に対する損害賠償請求、紛争解決センター(原発ADR)への申立、訴訟の提起など、法律の専門家としてできる限りの努力をしていくつもりです。
かながわ東日本大震災県内避難者支援ネットワークは、東日本大震災の影響により神奈川県内で避難生活をおくられている方々を支援する活動を福島県地域づくり総合支援事業(地域協働モデル支援事業)補助金を基に平成24年4月より展開しています。
・被災者支援のため、次のとおり情報提供等を実施しています。1.県内避難者の皆様や県民の皆様に対する各種情報の提供・発信  2.関係機関等と連携した県内避難者の皆様に対する生活支援  3.東日本大震災の被災者や支援者の皆様のための総合相談窓口
静岡県 双葉町から浜松市に避難しているスタッフが、避難者支援・震災の風化防止啓発・東北物産販売を行っている任意団体です。 震災で避難されている皆さん、繋がりましょう、お気軽にご連絡ください。
奈良 奈良の地に避難されました皆さまには、短期間でありましても、少しでも快適な生活を過ごしていただきたく、奈良県・県内市町村行政とも連携しながら、多くのボランティアや民間団体などができるだけお手伝いをさせていただきたいと思っております。
私たちは避難、移住するにあたりもっとも考慮するべきは生活の基盤である"職"の安定に尽きるのではないかと考えます。避難される方がこれまでの生活で培った能力を十分活かせられる様な職業の情報提供を軸とし、安心して暮らせる住居、孤立した生活をしないためのコミュニティー、これらをひと纏まりと考え、企業、団体と協力し情報を集約、発信、実現する活動をしてまいります。
三重 大規模な災害の発生時には多くのボランティアが被災者・被災地の大きな力となります。それらのボランティア活動が円滑に行われるよう様々な支援活動を行うのが みえ災害ボランティア支援センターです。当センターは災害発生時に設置され、以下の幹事団体が官民協働で運営します。
愛知
東日本大震災により、名古屋に避難されてきた方をサポートします
福島原発事故損害賠償愛知弁護団は、福島原発事故により、主に愛知県内に避難している被災者が被った被害について、東京電力株式会社に対して適正な損害賠償を請求・実現することを目的として、愛知県弁護士会に所属する有志の弁護士によって、結成されました。
東日本大震災により愛知県に避難されてきた方々と、その一日も早い生活再建を願う愛知県民・企業等を結ぶ架け橋となることを目指して愛知県が設置し、NPOが運営しています。
滋賀 『滋賀県内避難者の会』のブログです。滋賀県内の避難者さんに関する情報発信を主に行います。
京都 福島原発事故、東日本大震災により京都に避難してきている避難者と支援者でつくっているネットワークです。
東日本大震災発生による被災者の生活再建のために法律相談等、必要な法的支援活動を目的としています。
原発事故の賠償だけでなく、原発と関係のない被災に関わる一般的な法律相談も受け付けています。
東電の賠償を受けられない自主的避難者の方も遠慮なく、ご相談下さい。
関西浜通り交流会(非営利団体)では
交流会を通じて浪江町・大熊町・双葉町・富岡町・楢葉町・飯舘村・川内村・南相馬市など浜通り地方から西日本に避難する住民のコミュニティを形成し、福島帰還までの心のケア・サポートを行うことを目的としています。
大阪 被災者の方、関西方面に避難してきた方へ向けた情報を提供しています。
1.地域における住民組織と公私の社会福祉関係事業者等により構成され、
2. 住民主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる地域福祉の実現をめざし、
3.住民の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事業の連絡調整および事業の企画・実施などを行う。
4.市区町村、都道府県・指定都市、全国を結ぶ公共性と自主性を有する民間組織
私たちは福島県地域づくり総合支援事業の採択を受け、東日本大震災からの多くの避難者・県外避難者を支援し諸問題を解決するために活動を行なっています。
ボランティア・市民活動に関する関心を高め、活動者の裾野を広げ、より充実した活動にするために、新しい出会いと良き人間関係の構築とともに、地域福祉を推進し、市民社会の創造をこれからも目指します。
兵庫 被災した方々の生活復興に向けて、行政では手の届かない神戸のママだからできる支援を届けたい。そんな思いが集まり「神戸ぽけっとnet.」は生まれました。
ぷらっとホームは、東日本大震災また福島第一原発事故によって避難を余儀なくされた方の助け合いを目的として 主に西宮市で活動しています。
東日本大震災で被災された皆さんを関西から支援するグループです
岡山 おいでんせぇ岡山では、今後も引続き、東日本大震災や原発の放射能問題に伴う避難者の受入活動や支援活動を続けていく方針である。
東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故による、福島県と周辺地域の被災者および避難者が安心して生活できるように支援することを目的として活動しています。
子ども未来・愛ネットワークは福島や東日本の子どもを放射能から守ろうと、岡山の市民と避難者が始めた会です。
ふんばろう東日本支援プロジェクトは東日本大震災後、現地に向かい物資を配りながら体当たりで現地のニーズと支援について考えた、仙台市出身の早稲田大学大学院講師西條剛央氏(代表)が、同志と共に設立した震災支援プロジェクトです
鳥取 東日本大震災発生をうけ、2011年4月に発足。鳥取への避難に関する相談受付中!
私どもは、鳥取県内に被災地等から避難してきている方たちに対しての「物心」両面の支援を行っていきます!
島根 岩手、宮城、福島の3県を中心に復興が進む被災地へ、島根県から出来る支援を見つけて実施していくために、平成23年12月16日に「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」として、県の採択を受け活動を開始しました。
広島 平成24年10月現在、広島県内の80世帯の避難世帯の方が、「ひろしま避難者の会『アスチカ』」に登録されています。今後、様々な活動を通じて避難者自身の抱える課題を丁寧に聞き取り、安心した生活が送れるよう、また、孤立することのないよう、ボランティアをはじめさまざまな支援団体の協力を得て、活動される予定です。
広島でのボランティア、支援、イベント情報など
高知 東日本大震災で被害を受けた被災者ならびに被災地の支援を行うことを目的に、特定非営利活動法人NPO高知市民会議(高知市市民活動サポートセンター)と、社会福祉法人高知県社会福祉協議会(高知県ボランティア・NPOセンター)は、「東日本大震災支援プロジェクトこうち」を立ち上げました。
愛媛 震災により避難を余儀なくされた愛媛県内への避難者が中心となり、『一人一人の心に寄り添い共に課題を解決していく』という理念のもとに立ち上げた団体です。
香川 福島県およびその近県より避難をして、香川県内に在住されている皆さん。そして支援されている方々。このブログを通して子供たちの未来のために手をつなぎましょう。
福岡 私達は、行政やNPO、企業、団体、個人などを有機的に繋ぎ、主に福岡へ避難を考えている方々を支援します。
東日本大震災により被災され、本市へ避難された方、または、移住を検討されている方やそのご家族・ご親戚等からの問い合わせや相談をお受けします。
熊本 この度大震災被災地から、避難してくる方々を支援する「熊本被災者支援プロジェクト」を急遽立ち上げました。
宮崎 『うみがめのたまご』は、東日本大震災をきっかけに宮崎に避難してきたお母さんたちがつくり、広がってきたネットワークです。
沖縄
「東日本大震災支援協力会議」は、沖縄県内各界の関係機関等で構成する県民一体となった東日本大震災の被災者受入れを支援する組織です。
避難者同士が力を合わせて互いに助け合い、心の繋がりを作り、一人が抱える問題もみんなで解決していきたい。そして、みんなが笑顔で過ごす事ができるように頑張っていきたいと思うのです。
西日本 避難者の自立と生活再建に必要な情報の収集と発信
西日本の企業、専門家、自治体、NPO法人、ボランティア、個人と広くつながりあい避難者の状況を伝え、連携する他の避難者集団と連携をとり、相互扶助と生活の自立再建を目指す特定の主義主張にこだわらず、広くつながりあい、仲間づくりを目指す
全国 子どもに対する支援は、今後、継続的、長期的に行っていくことが必要となることから、関係する職能団体、学会、専門職の養成校、民間団体等が一同に会し、支援方策について協議を行い、協働して支援活動を展開するため、東日本大震災中央子ども支援センター協議会を設立する。
 被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方がたのニーズと、支援をしたいという方がたの熱い思いによって成り立っています。
被災者・避難者の皆様のための相談窓口案内(ガイドブック)一覧 総務省行政評価局行政相談課
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)は、東日本大震災における被災者・避難者への支援活動に携わるNPO、NGO、企業、財団、社団、協議会、機構、プロジェクト、ボランティアグループなどが参加する、セクターを越えた民間団体による災害支援のための全国規模のネットワーク組織です。
東日本大震災に伴い全国に避難されている方々のための地域情報サイトはこちら 
支援・情報関連等  (あ→ん順)相互リンク歓迎。お気軽に問い合せ下さい。
アーティスト、クリエイターによる3.11復興支援アクション
大震災義援ウシトラ旅団は東日本大震災を機に結成されたボランティア団体です。
ウシトラ旅団とは、本営のある東京から、東北(艮の方角)に向かって支援の旅に出るの意味を込めた団体名です。
任意のボランティア団体として2011年4月に誕生し、地震・津波と福島第一原発事故による被災者、避難者を支援する活動を行って来ました。
世界各国で経済的・社会的な理由により学校に通えない子どもたちのためにフリースクールを作ることから始まった団体で、震災後の被災地で今現在も多々なプロジェクトを進行中です。福島県内では子供の為のインドアパークの建設を予定!
被災地の生の声を聞き、募金活動、物資運搬、炊き出し、瓦礫撤去、泥かき、捜索活動、人のやらない事を柔軟に、出来ることは何でもやろうと思います
グリーンピースは、世界的な規模で起こる環境問題に取り組む国際環境NGOです。原発事故を受け「放射能被害の低減」、「原発のない社会」、「自然エネルギーへの転換」を最優先として活動しています
東京三弁護士会災害 復旧復興本部にて被災者支援を行ってきた弁護士が中心となり、 各会所属の会員有志が結集し、弁護団を結成し,原子力損害賠償紛争解決セン ターへの申し立てや交渉の代理を行うとともに......
子供の学び支援ポータルサイト(三春校舎もお世話になりました)
地図上に必要物資・支援要求などの情報を書きこむことが出来ます
エリア別救済支援情報サイト
国際協力NGOセンター(JANIC:ジャニック)は、飢餓、貧困、人権の侵害から解放された、平和で公正な地球市民社会の実現を目指して1987年に設立されました。日本の国際協力NGO団体を正会員とする、日本有数のネットワーク型国際協力NGOです
smile.プロジェクト/東北(各県)の名産品や商品を全国へ販売する事で。東北(各県)経済の活性・復興を目指します。
アート・音楽・ヒトの絆で日本の明日を元気にしたい!
復興アリーナのプロジェクトは、震災被害地域の住民、地元そして全国のジャーナリストたちが体験し、見聞きした知見を整理し、記録として残すことから始まります。また、震災発生後の各時点において、メディアや、政治家が、そして、論者・専門家が、災害の影響やリスクについてどのように発言したのかを保存することで、「3.11とは何だったのか」「巨大なリスクの顕在に対し、人はどのように反応するか」をようやく知ることができるようになるでしょう。
ボランティアから具体的なモノや資金の援助まで。何かしたいという人のための情報をまとめました。
あなたのメッセージが100円の募金に変わります。思いと支援。両方を届けてゆくプロジェクトです。
被災者へ個人間で支援物資を送ろう
『東北復興新聞』は、復興を情報面から支援する、地域・テーマを横断した復興のための新聞です。被災地内外の情報を整理し、より良き支援や活動を、促進します。
地域社会や地域経済を再構築していくための市民レベルの支援活動などが必要
私達、SPC peak performanceは被災した地域の復興に向け、自分達にできる事は何かを模索した結果、現地の仲間の協力のもと東北三陸沖沿岸地域にライブハウスを建設する、【東北ライブハウス大作戦】というプロジェクトを立ち上げました。
東日本大震災で被災した人々の多様性に配慮し、脆弱性の高い人々、特に女性の権利が満たされる環境づくりを目指す
被災者のため、またそれを支援する方のための情報をまとめています。また、地震の情報などもリアルタイムでまとめています。
ASIAN KUN-FU GENERATIONの後藤正文氏編集。新しい時代の事、これからの社会、未来の事を考える新聞のWEB版。
ふんばろう東日本支援プロジェクトとは、2011年3月11日の東日本大震災を機に4月1日に立ち上がった被災地支援のボランティア組織です。仙台市出身で、自らの親族も被災した早稲田大学院(MBA)専任講師の西條剛央が、宮城県南三陸町に入り、被害の規模の大きさや物資が不足している現場を目の当たりにしたことをきっかけに、ボランティアでの物資支援活動を開始したことから始まりました。
被災者と支援者のマッチングシステム
国立教育政策研究所(NIER)においては、被災地の学校及び教育活動の復興を支援するため、被災地において必要となり得る学校教育の実施運営上の工夫などについて、教育関係者の知識と経験を共有する場を、国立情報学研究所(NII)と協力して立ち上げました。
東日本大震災被災地総合情報リンクサイト
震災にあわれ避難されている方たちとの交流や情報交換の場
私たちカゴメ株式会社、カルビー株式会社、ロート製薬株式会社は、
真にこの復興の礎となるべき子どもたちが、
その夢や希望を諦めずに成長し、故郷の復興のために役立ってほしいとの願いを込めて、進学支援のための奨学基金「公益財団法人みちのく未来基金」を設立いたしました。
遠くからできる小さな支援
被災地で今現在必要とされる支援物資と楽天市場の商品をマッチング。
出展店舗様のご協力により非営利の特別価格でご提供頂いた商品を、被災地の皆様への支援物資としてご購入いただけます。
主な被災地区(岩手県、宮城県、福島県、茨城県)のラジオ7局(アイビーシー岩手放送、東北放送、ラジオ福島、茨城放送、エフエム岩手、エフエム仙台、エフエム福島)の放送を、『radiko.jp』のシステムを活用して、 日本全国に配信いたします。
[わわプロジェクト]東日本のプロジェクトを知れる。支援が出来る。
「わわ新聞」のダウンロードもあります
その他
国会事故調ホームページ
政府事故調
東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 最終報告書
このサイトは東京電力福島第一原子力発電所の事故により、環境中に放出された放射性物質を取り除くための除染について情報をお伝えしています。
復興庁は、一刻も早い復興を成し遂げられるよう、被災地に寄り添いながら、前例にとらわれず、果断に復興事業を実施するための組織として、内閣に設置された組織です。
復興庁は、(1)復興に関する国の施策の企画、調整及び実施、(2)地方公共団体への一元的な窓口と支援等を担います。

PageTop   Top