『富灯り』〜富岡町避難指示一部解除に伴う感謝と追悼の竹灯り〜
 2017年4月1日、帰還困難区域をのぞく、富岡町の避難指示が解除されました。
 このまる6年という年月は、2011年の先の見えない状況の中から、富岡町民はもとより、関係各所の皆様、支援して頂いた皆様の尽力により、少しづつ、ほんとに少しづつ進んできて今に至ります。まずそこに最大限の感謝をせずにはいられません。誠にありがとうございました。
 ふるさと喪失の危機に際して、何もできず無力感に打ちのめされてきた、あの頃の血の涙を思えば、我々は今や、あの日のままの我々ではありません。傷つきながらも、もがき、学び、戦い、ついにその日をむかえたのです。
ただし、やっとスタート地点にたてる、それだけのことでしかありません。そしてこの4月1日を迎えるにあたり、一つのささやかなセレモニーをおこないました。
 自宅が津波でながされてしまった方、帰還困難区域の方、解体した(する予定の)方など、この時点ですでに帰らない選択をした方はもとより、大熊、双葉の方たちの事を思えば、避難指示の一部解除といえども嬉しさを先行させるわけにはいきません。とてもデリケートな問題です。現地でイベントのようなものをやる事に対して異論反論あるでしょう。しかし、震災以降最大の転機であり、歴史に残るその時その瞬間を、震災で亡くなった方々や、この6年の間に帰還かなわず亡くなってしまった300人を超す方々へ、生き残ってこの町を未来へつなぐ立場の我々は、天に向かって報告する義務があります。当然、その場所は現地をおいてほかにありません。

 今回のイベントに際して、竹あかりを新たな日本の文化にという活動を行っている熊本の「ちかけん」さんのご協力のもと、竹灯りワークショップを行ってきました。数々の作品とともに、あの言葉の竹灯りも灯しました。

 黙祷の前には、孤高のシンガーHatis Noitさんが、神聖な歌声で場を清めてくれました。

これまで関わってくれた全ての人への感謝と、追悼の思いを胸に、我々富岡町民は前に進みます。
それぞれがどんな立場、どんな未来を選択しようとも、ふるさと富岡町への思いは同じなのです。

これからもあたたかい目で、そして厳しく見守っていて下さい。
Facebookイベントページはこちら!『富灯り』〜富岡町避難指示一部解除に伴う感謝と追悼の竹あかり〜

点灯開始 2017年3月31日 22:00 〜 黙祷 2017年4月1日 0:00  終了 2017年4月1日 1:00
場所 岡内東児童公園 福島県双葉郡富岡町中央2丁目(双葉警察署北側)

富岡町役場/町長メッセージ
町民の皆様へ(平成29年2月17日更新)
 東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故から、間もなく6年を迎えようとしており、この長い避難生活の中で様々なご苦労をされている町民の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
 さて、平成29年4月の帰還開始目標を掲げ、多くの皆さまのご支援を頂戴しながら、町内のあらゆる環境整備をより前に進めるとともに、全国に避難する町民の皆さまと"ふるさと富岡"とのつながりをより深め、続けるべく、町内外に目を向け、複合災害からの復旧・復興に懸命に取り組んでまいりました。
 私としては、本日に至るまでの様々な議論を踏まえ、町内の生活環境が一定程度以上の状態になっていること、一刻も早く、ふるさとでの生活が望まれている方々がおられること、避難指示解除後においても国の支援の継続を約束する、町・県・国の三者による合意文書を取り交わすこと、そして何よりも、これ以上の避難指示の継続が、ふるさとを未来につなげていくことをより困難にするものと考え、本日、「本町の一部の避難指示解除時期を平成29年4月1日とする」と判断いたしました。
 避難指示の解除にあたっては、様々なご不安から時期尚早とのご意見もいただいたことも事実であります。
 私としては、その事実をしっかりと受け止めつつ、ふるさとへの愛情と、ふるさとを取り戻す信念のもと、これまで以上の懸命さで、更なる町内生活環境の充実を図り、様々な不安払しょくに向けた取り組みを全力で進めてまいります。
 町民の皆さまにおかれましては、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
                                   平成29年2月17日
                                   富岡町長 宮本 皓一
【福島・富岡町開催(無料)】福島12市町村スタートアップセミナー(浜魂 in 富岡)
日時/2017年2月26日 13:00 - 17:00
場所/さくらモールとみおか福島県 双葉郡 富岡町
「福島12市町村スタートアップセミナー」は、現地の生活状況・産業の現状を知り、ロボット・ドローン等の先端技術の事業機会や地域課題解決に向けた社会事業の事業機会等について理解を深める機会として、富岡町・東京・南相馬の3拠点で開催してまいります。
第1弾イベントは、4月全町帰還を目指す富岡町。
南双葉地区の中心地、かつ、まちの復興のシンボルとなる「さくらモールとみおか」(元・富岡ショッピングプラザ トムトム)を会場とします。
詳細はこちら!
【ふるさとの“桜並木”を体験しよう! 富岡町ふるさとアーカイブ巡回展 Inいわき 〜MRシステムで見る“ふるさとの風景”と震災遺産〜】
平成29年1月27日(金)@いわき市産業創造館LATOV6階企画展示室
①富岡町ふるさとアーカイブ巡回展
②企画展「ふるさとを 想う まもる つなぐ〜地域の大学と町役場の試み」
③震災の経験・教訓聞き取り伝承事業の発信事業(口演) 同日

詳細はこちら!

鹿島JV/除染の駅
ほっとステーション
特別企画第二弾/富岡のこの6年写真展開催中
10:00-15:00/土日祝日休み
富岡インサイドも写真提供しました
福島県立博物館
ふくしま震災遺産保全プロジェクト
震災遺産とふくしまの経験ー暮らし・震災・暮らしー
震災遺産展/3Dデジタル震災遺産体験/シンポジウム
日時: 2017年1月8日(日)ー2月5日(日)
場所:駿河台/明治大学博物館

初代「富岡は負けん!」横断幕が東京初上陸!

詳しくはこちら!